結婚相手に求める条件の失敗しない決め方

結婚相手に求める条件の失敗しない決め方

料理をする女性

婚活をしているとどうしても「条件」がつきまといます。

男性なら「年収」「職業」「外見」などを重視する女性は多いですし、女性ならば「年齢」「容姿」「家事」などを男性はチェックしています。

 

でも、この条件こそが婚活の妨げとなっていることも事実なんです。

 

婚活をしている男性も女性も「結婚相手の条件」にこだわり過ぎている面があります。

もちろん結婚相手に求める条件はあっても構いません。

でも、なるべく早く結婚したいと思うならば、プラス面の条件設定ではなくマイナス面の条件設定をすることをオススメします。

 

プラス面の条件設定とは、
・年収◯◯◯万円以上
・身長◯◯◯cm以上
・趣味が同じ
・職業が◯◯
など、「こうだったらいいなぁ~♪」という良い面の条件のことです。

逆にマイナス面の条件設定とは、
・DVの人
・子供嫌いの人
・酒乱の人
・浮気癖がある人
・お金遣いの荒い人
・後ろ向きな性格の人
など、「こんな人とは絶対に結婚したくない!」という悪い面の条件のことです。

 

良い面の条件は、希望をあげだしたらキリがありません。

それに「年収600万円以上がいい!」と言っても、じゃあ年収550万円だとダメなの!?と聞くとそうでもなかったりします。

こんな感じでプラス面の条件って、少しくらいそれを下回っていても許容できることが多いんですよね

でも、マイナス面の条件ってそうはいきません。

300万円の借金がある人はダメで、じゃあ100万円の借金ならいいか!・・・という訳にはいきませんもんね。

婚活する時ってついつい結婚相手に求める条件は「プラス面」で考えがちです。

でも、プラス面の条件を重要視すると、合致する結婚相手ってそうそういないことが多いんです。

で、その条件で婚活を開始したばかりに、なかなか条件を下げることができずに希望する結婚相手が見つからない状態が続き・・・婚活疲れを発症する。

なかなか結婚できない人には、そういう感じで婚活をしている人が本当に多いんです。

 コレだけは譲れない

これだけは譲れない!

というマイナス面の条件だけを設定して、その他は最初から条件設定するのではなく、出会ってから少しずつ吟味していけばいいと思います。

多少年収が低くても自分のことを大切にしてくれそうだったり、年齢は若くなくても実に魅力的だったりすることが現実としてあります。

条件設定していては出会えなかったであろうチャンスを逃さないためにも、もう一度結婚したい相手の条件について考えてみて下さい。

 


【スポンサードリンク】


関連記事

  1. 「イイ男に出会えない」を「嫌じゃない男を探す」に変えてみたら?=その2=
  2. 「イイ男に出会えない」を「嫌じゃない男を探す」に変えてみたら?=その1=
  3. 「男性は結婚したら変わってくれる」は単なる妄想!
  4. 男性の「結婚条件の見極め方」
  5. 期間を決めて集中して婚活すると結婚できる確率が高くなる!
  6. マザコン男の見極め方
  7. そこそこの高年収は婚活女子に注目されます!でも、注意すべきことも・・・
  8. 年下女性と結婚したい男性はそれなりの条件が必要